キタ――(゚∀゚)――!!激安 家賃2万円台の噂の物件。

キタ――(゚∀゚)――!!激安 家賃2万円台の噂の物件。

ビレッジハウスとは?

ビレッジハウスとは、雇用促進住宅という国が作ったアパートをリフォーム/リノベーションし、低価格の家賃で契約できる賃貸アパートです。

建物は主に鉄筋コンクリートで建てられていて、築30年、40年以上経過しているような古い建物が多いです。

全国のビレッジハウスを調べてみたら、新しくても築20年前後の建物になります。

元々、国が作った安いアパートで古い建物ということもあり、家賃は激安!(家賃1万円台もあり!)

敷金や礼金は無料。保証人も必要なく、更新料もありません。

入居の審査も甘いので、私のような収入の少ない人、高齢者や外国人、生活保護者など、生活水準が平均より下回る方が多く住まわれています。

つまり最後の砦です。

治安が悪そう

ビレッジハウスは「外国人が多いから治安が心配」という口コミを見かけました。

実際に住んでる半分は外国人なんじゃないかな?ってことです。

すれ違う人もそうですが、外から聞こえてくる言葉は外国語が多いですし、日本人らしからぬ厳つい車が止まってたりもします。

だからといって治安が悪いのか?というとそうではありません。

団地なので子供たちも無邪気に遊んでますし、泥棒や器物破損のような事件の話も聞きません。

 
私が感じるのは「ビレッジハウスの治安が悪い」というよりも「マナーが悪い」という印象ですね。

ゴミはまぁひどいです。ゴミ捨てのルールも何もあったものじゃないです。

普通に洗濯機が置いてありますし、何日も回収されてないようなゴミもある様子です。

駐車に関しても、駐車場内外に勝手に止めている車が多いです。

5か国語くらい書かれた張り紙で注意はしているようですが、改善は難しいでしょう。

逆に言えば、自分たちのマナーが多少悪くても大丈夫ということかな・・・

初期費用と家賃が安い

ビレッジハウスと言えば敷金礼金なし。更新料もなしで初期費用や手数料を最安に節約できる賃貸です。

さらに!毎月の家賃は20,000円台~という、安い良心的な設定金額となっています。

元々は国の事業で建てられた雇用促進住宅をリフォーム/リノベーションしているので、安い家賃で提供されています。

築30年、40年以上経つような物件が多く、お世辞にも新しい綺麗な建物というわけにはいきません。

建物や部屋の様子は内見で確認した方が早いですが、建物自体の古びた感じ、細かい傷や隙間、雑な塗装、過去に住んでいた人たちの生活感は覚悟しておきましょう。

その分とても安い!

ビレッジハウスへの入居時にかかる初期費用ですが、まずはその月の日割り分の家賃が必要になります。

ビレッジハウスのサイトを見てみると「火災保険」と書かれていますが、火災保険は必要な物件と必要じゃない物件があるようです。

入居条件・審査が甘い

ビレッジハウスは敷金礼金更新料なし、家賃も低価格ということで、生活水準が低い人たちが入居を求めています。

収入や資産が少なく普通の賃貸では審査で落ちる人、フリーターや高齢者、外国人などでも審査が甘く、通りやすくなっています

安定した職業を持たず、たとえ無職の状態だったとしても、内定証明や預貯金、仕送りや手渡しで毎月受け取っている収入などを証明できれば審査に通る可能性は十分にあります。

唯一の回答は「継続的な安定収入がある事が前提」ということだけ。

「審査に落ちるかもしれない・・・」と悩んでる人はアルバイトを始めたり、「毎月これくらいの収入が安定して稼げてます!」というのを証明できるよう努力しましょう。

詳しくは↓ここをクリックしてね(^^♪
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。