ウィルス対策に次亜塩塩素酸水を使ってみませんか? 今なら加湿器がもらえるらしい

ウィルス対策に次亜塩塩素酸水を使ってみませんか? 今なら加湿器がもらえるらしい

新型コロナウイルスが心配

ウィルス対策をしている方が多いと思いますが薬局に行ってもアルコールスプレーは売り切れでそこで探し当てたのは次亜塩素酸水でした。

次亜塩素酸水とは、塩酸、あるいは塩化ナトリウム水溶液を電気分解して得ることが出来る次亜塩素酸を主成分とする水溶液で、アルコール消毒液に比べて刺激が少なく、肌に優しいことで注目されている除菌消臭水です。

また、厚生労働省によるデータにおいて、次亜塩素酸水(40ppm)は、インフルエンザやO-157等のウイルスを10秒以内に不活化する効果があることが分かっています。

「ノロウイルス」などの、アルコール消毒では殺菌効果がないノンエンベロープウイルスにも、次亜塩素酸水は不活化させることが認められています。

参考)『厚生労働省『次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性に関する資料』

次亜塩素酸水は安全面でも安心!!
カビ取りや漂白剤として知られている「次亜塩素酸ナトリウム」とは成分が違い、次亜塩素酸水は、人体にとって安全性が認められています。

万が一、赤ちゃんや小さいお子さん、犬や猫などのペットが誤って飲み込んでしまっても、体の中に残留しないので安心して使うことが出来ます。

ですが、次亜塩素酸水はインターネットで色々な種類が販売されていますし、市販でもマツキヨなどでも売られています。

ですが、その中にはウィルスに対して全く効果が無い物も紛れている可能性もあるので注意が必要です。

次亜塩素酸水の選び方としては、第三者機関の検証データなどののエビデンスがあって、生成方法も示されてあり、製造年月日もわかるものを選ぶことが大切です。

これを満たしていないと、いかがわしい可能性もないとは言えません。

これらを全て満たしている私も使っているのが除菌水ジーアです。

今なら高性能超音波加湿器をプレゼント中!

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。