【悪用厳禁】オトナのお仕事相談。ひょっとしてパワハラでうつ病。そしたら公的助成で暮らせます。

「傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル」とは何か

会社を休んでも約1,000万円の働かず収入を得ることができるのか?

・朝起きれない。
・会社に行きたくない。
・イヤな上司の顔を見たくない。
・パワハラ、セクハラ、ブラック、いじめ、嫌がらせで頭がおかしくなる。
・すでにうつ病や精神疾患で仕事をすることが難しい。

そんなあなたは、いくつかの条件をクリアできれば、
4年間でおよそ1,000万円を働かずに収入を得ながら「療養」することが可能です。

コロナで首を切られる前にぜひ読んでください

 

約1,000万円を働かず収入をゲットする方法とは

今から、ご紹介する「傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル」には

 

国で定められた制度を正当に利用して
トータルで1,000万円前後の働かず収入が手に入るように作られています。

 

その不労所得は「非課税(税金がかからない)」ですから、まるまるあなたのものになります。
あなたはこのマニュアル見ながら簡単に申請の手続きができる仕組みになっています。

 

「そんなウマい話があるわけない!」
「そんなにオイシイ話があるなら、みんながやっているはずだ!」

 

そう思っても無理はありませんよね。
でも、良く考えてみてください。

 

 

国や公的機関から、わざわざ「あなたが1,000万円もらえる制度がありますよ」
なんて教えてくれるはずはありません。

 

国だって、出来ればそんな制度は知られたくないですし、
余計な出費は押さえたいのが現実でしょうから。

 

日本の福祉制度なんてそんなものです。

 

まさに、この1,000円の不労所得は
「知っているか、知らないか」だけの違いなんです。

 

「自分は、うつ病とか精神疾患じゃないから関係ないんじゃ…」
そう思った方も、ひとまず固定概念を捨ててこの先を読み進めてみてくださいね。

 

 

「傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル」とは

 

 

会社に行くのがキツい、
行きたくない、
出来るものなら辞めてしまいたい…

 

それって、すでにうつ病の症状が出ているのかも知れません。

 

「自分はうつ病なんかじゃない!」と思っている方も、
実は心療内科で診察を受けると「うつ病」と診断されることは非常に多いんです。

 

現在、日本ではうつ病患者が100万人、予備軍は500万以上いると言われています。

 

 

「もしうつ病になったら、仕事なんて続けられない」

 

・・・そんなことを考えると、自分の将来が不安になりますよね。

 

だから、ツラい気持ちにムチを打って会社へ行き、
さらに症状を悪化させてしまう方も少なくありません。

 

そんな思いまでして出社していても
会社は、あなたの症状を改善するために何か協力してくれますか?
あなたが健康な生活を送るために上司は協力してくれますか?
 精神的にまいっている社員に対して
あたたかい手を差し伸べてくれる会社は多くありません。

 

当然、あなたの苦しみを本当にわかってくれる人も多くありません。
うつ病は無理を続けた状態で治る病気ではありません。
仕事をしながらうつ病を治す、というのは事実上無理な話なんです。

 

 

苦しくて辛いのに
あなたは会社に行って、余計に症状を悪化させていませんか?

 

大切なことは、まずしっかりと治療に専念して、
健康を取り戻してから社会復帰することです。

 

 

苦しくて、辛いなら、
無理をせず、我慢せずに別の道を探してみるのも一つの手です。

 

現状を変えることに不安を感じるかもしれませんが、
今のままでは自分が壊れてしまう、と感じたら今を変えるしか方法はありません。

 

それは「逃げ」なんかじゃありません。
この先の自分を守るための勇気ある行動です。

 

 

「でも、治療している間の生活費はどうすればいいの?」

 

 

正しい手順と知識さえあれば、ほとんど知られていない公的な制度を利用して
およそ1,000万円を働かず収入を得ながら、4年間ゆっくりと療養に専念できる方法があります。

 

 

「傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル」の中身

【マニュアルで解説する3つの制度】

傷病手当金
失業保険
障害厚生年金

うつ病や精神疾患によって仕事を続けることが困難な場合には、

 

「傷病手当金」
「失業保険」
「障害厚生年金」

 

以上、3つを合わせて
4年間でトータルで1,000万円ほどの金銭保証と、充分な休みを手にすることができます。

 

 つまり「1,000万円と4年間の休み」です。

 

これらの制度を使うための手続きをすることは
決して恥ずかしいことではなく、
条件に当てはまる多く方が活用している制度ですから、
あなたも安心して利用することができます。

 

 

 

 

「でも、なんの知識もない自分にそんな手続きができるのかな?」

 

 

 

この「傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル」は
ある程度の知識がある人でないと使えないものなのでしょうか?

 

 

その答えは、NO。
それぞれの制度に関してまったく知識がなくても大丈夫です。

 

 

制度の説明から手続きまで、
実際の申請のステップの順番通りにまとめてあるので、
読みながら、そのまま作業をマネするだけです。

 

 

誰でも簡単に読み進めることができ、
申請手続きを行えるようにプログラムされています。

 

そもそも、これらの申請自体は難しいものではないのですが、
多くの人にとって未経験のことですし、
あまり情報が得られないことも不安にさせる原因ですよね。

 

だからといって
職場の同僚や総務部などに気軽に相談出来るようなことでもありません。

 

ネット上で調べてみても
浅い知識や古い知識で書かれているものも多いので、
あまり信用しない方がいいかもしれません。

 

*傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル」は
平成28年に運用が開始された新しいガイドラインに対応しています。
それ以前に書かれた情報は参考になりませんのでご注意ください

 

このプログラムは
難しい専門用語もほとんど使わないように工夫していますし、
とてもわかりやすい解説になっているのが大きな特徴です。

 

 

ツラいメンタルを抱えたまま
難しい専門用語ばかりのマニュアルを読むのは苦痛ですけれど、
この「傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル」なら大丈夫です。

 

 

通常は見ることができないような
申請のためのサンプル資料も掲載されているので、とても便利です。

 

 

正しい知識を持つことは、それだけで価値がありますね。

まだ、「うつ」の診断を受けていないんですけど

うつ病の診断を受けているのに「失業保険」を受け取ることができるの?

 

こんな、疑問を持った方もいるかもしれません。

 

確かに、失業保険は

ハローワークに来所し、求職の申込みを行い、
就職しようとする積極的な意思があり、
いつでも就職できる能力があるにもかかわらず、
本人やハローワークの努力によっても職業に就くことができない

という「失業状態」にあることが前提条件です。

 

 

失業手当は再就職を支援するための手当ですから、
そもそも「職に就く意思の無い人」
または「就けない人」には給付されません。

 

じゃあ、「うつ病」が原因で失業しているのに、
「いつでも就職できる」という項目と矛盾するんじゃないか?
と疑問に思ってしまうかもしれません。

 

 

でも、仕事に就くスタイルは様々です。

 

 

 

 

例えば、
「自分はうつだけれど、
1日3時間の業務、週2日くらいのアルバイトであれば、
何とか働けるかもしれない」

 

これも立派な就職しようとする積極的な意思です。
こういう意思を表明すれば、失業保険の給付対象となります。

 

決してフルタイムの勤務が条件ではありませんので心配しないでくださいね。

 

マニュアル内では、こうした疑問にも的確に答えてくれていますし、
疑問点があれば、直接メールで質問できるので安心ですね。

明日は我が身。うつ病は他人事では無い

これはある人のお話です

 

仕事と介護の疲れで、
精神的に苦しんでいる同僚がいました。

 

 

彼女は、仕事も介護も一生懸命で
責任感が強く、頑張り屋でした。

 

 

ある時から、目に見えて症状が悪くなり、
無断で会社を休んだ時にただ事ではないと感じました。

 

心療内科の受診を進めましたが、
「ちょっと疲れただけ、私には関係ない」と全力で拒否されました。

 

何とか説得し、病院に連れて行った所、
案の定、うつ病と診断されました。

 

このマニュアルのことを知り、彼女に勧めてみました。
メールサポートなどを利用したところ
休職や障害者手帳の取得方法をていねいにアドバイスしてくれたそうです。

 

 

彼女自身、病症手当や失業保険など
自分には関係無いものと思っていたそうですし、

 

 

まして、障害者手帳は、車椅子や失明でもしていなければ、
まったく別世界の話だと思っていたそうです。

 

 

でも、このような制度があること、
それが、合法的な救済方法として存在していること。

 

そして4年間という長い期間を
1,000万円というお金をもらいながら療養できる制度があるということ

 

 

これは驚くばかりでした。

 

彼女もこのマニュアルどおりに手続きを行い、
現在は休職しています。

 

 

何と言っても金銭的な不安を持つことなく、
4年もの間、ゆっくり療養できることに彼女もすっかり安心しています。

 

 

このようなノウハウが書かれたマニュアルは、
彼女のような人を救うことができる内容なんです。
   

 

自分には関係ないなどと思わずに
苦しい毎日を我慢しているなら、
一度こちらのページを読んでみることをお薦めします。

 

最後に、コロナうつ、会社の言われるとおりに休職する前に

最後に、緊急事態宣言の延長が発表されました。

 

在宅ワークや休業されている方も多いと思いますが、
延長することで、不安も大きくなるこでしょう。

 

まだまだ平常の生活には戻れませんし、
収入が元に戻ることは、それよりもさらに遠くなります。

 

容易に想像できることですが、
この延長によって退職や休職を通達される人も多いでしょう。

 

正社員であるならば、少しは抵抗することもできますが、
契約や派遣などの非正規やアルバイトでは、従うしかないように思ってしまいます。

 

また、会社が休みとなり、外出自粛を通づけることで、
コロナうつなどという症状の出ている人もおります。

 

ご相談される方から、絶望を感じることも多々あります。

 

しかし、このコロナによって、
国や自治体には多くの支援制度があることを知った方も多いと思います。

 

非正規の方でも適切な保険に入っているなど、勤め先の条件によって、
失業保険や傷病手当をもらうことができる可能性があります。

 

このような絶望する状況でも
傷病手当や失業保険を確実に手にする方法を
自分のケースとして、知っておきたいはずです。

 

Yahoo知恵袋のような、いい加減な知識ではなく、
専門家に自分のケースを相談されることが最適です。
あなただけでなく、多くの方が、とてつもない不安を抱えていますが、
そういった相談は、親しい人にも簡単にできるものではありません。
厳しい制限の補助金や給付金とマスクが2枚だけでは、
とてもではありませんが、不安が解消されるわけがありません。

 

今ここで私は声を大にして言いたい。

 

間違っても、会社に言われる通りに休み、給料が減らされ、
気づいたら、退職せざるを得ない状況になり、退職金もでないというような
最悪な状況になる前に現状を理解された方が良いかと思います。
マニュアルに詳しく書いていますが、
中途半端に出社することが一番良くないのです。

page top